• HOME >
  • イベント情報 >
  • 地域産業プロモーション展「絹鳴+」

地域産業プロモーション展「絹鳴+」
2013年2月26日〜2013年3月4日

 地域産業プロモーションは、九州地域の産業振興を目的とした、芸術学部学生の自主的な活動です。

 「九州の産業振興や活性化に貢献したい」と願う学生たちの純粋な思い。美術学科、デザイン学科、写真映像学科の学生たちは、それぞれの学びで得た知識や技術を生かし、地元企業や工業組合とのコラボレートで、さまざまな振興活動に取り組んできました。

地域産業プロモーション展「絹鳴+」で、その活動成果を多くの方々に披露します。

 

 会 期:2013年2月26日(火)−3月4日(月)

 場 所:イムズ地下2階 イムズプラザ(福岡市中央区天神)

 

主な取り組み

〈美術学科〉

・博多織企業との連携で、若々しい感覚を生かした帯を商品化

・地域の子供たちに伝統工芸博多織の良さを伝えるワークショップを企画・実施

〈デザイン学科〉

・協同組合「大川家具工業会」と連携した新鮮な家具デザインの考案

・博多人形の新たな市場開拓を狙った製品づくり

〈写真映像学科〉

・福岡在住のさまざまな職人に焦点を当てたドキュメント写真の制作

・地元清酒企業と小石原焼窯元のコラボレーションをCMとして映像表現

ページの先頭へ