「九州産業大学柿右衛門様式窯 窯開き」を開催します

 

                                        

 7月17日(水)、九州産業大学柿右衛門様式窯で窯開きを行います。

 窯から取り出す作品は、芸術学部の学生と、本学開催のウイークデー・キャンパス・ヴィジットに参加した高校生や陶芸講座を受講した地域の方々など109人が制作した約500点で、7月10日(水)に窯入れしたものです。
 
 窯開きの様子は、一般の方々も自由に見学できます。ぜひお越しください!

 

 日 時 : 2019年7月17日(水)  12時00分〜
 場 所 : 九州産業大学柿右衛門様式窯(※学内マップはコチラ
 お問い合わせ先:芸術学部事務室  TEL 092-673-5700

 

◆九州産業大学柿右衛門様式窯
 登り窯と単窯の機能をあわせ持つ薪窯で、2000年10月に設置されました。これは、当時、本学大学院芸術研究科教授だった、故・十四代酒井田柿右衛門氏が「芸術を志す若者たちに、伝統工芸の奥深さを直に感じてもらいたい」と、門外不出の柿右衛門様式窯を踏襲して設計された、日本で唯一のものです。

 

<昨年の様子>

イベント一覧ページへ