トランスコスモス株式会社との産学連携でBIM講習会

教務部

トランスコスモス株式会社との産学連携でBIM講習会

 住居・インテリア学科2年次科目「ビジュアルソフト演習」の一環として、1月29日と30日の2日間、本学総合情報基盤センターにおいて、トランスコスモス株式会社 https://www.trans-cosmos.co.jp/ との産学連携により「BIM講習会」を行いました。BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、コンピュータ上に作成した3次元の建築物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うものです。

 講師のお一人は同社社員で本学の旧工学部建築学科卒業生でもある須川 瑛さん。同じ大学の先輩として、後輩たちに実務の詳細や職業の選択について熱く講演してくださいました。受講した住居・インテリア学科2年生の前田琴音さん(福岡西陵)は、「平面図を描くだけで立面図や断面図、透視図(3D)を自動で作成でき、とても便利な技術だと思いました。これから勉強して使いこなせるようになりたいです。」と感想を述べました。