地域交流 地域連携・社会貢献

地域交流トピックス

「ささぐりわくわくチャレンジ塾(後期)」を開催しました

 10月15日(土)、10月29日(土)、11月12日(土)の3日間、篠栗町歴史民俗資料室にて、九州産業大学連携事業「ささぐりわくわくチャレンジ塾(後期)」を開催し、延べ37名の参加がありました。この事業は、本学の教員と学生が、小中学生の土曜日の活動を支援することを目的に、平成27年度から始まりました。
 後期は科学・芸術を題材に以下の講座を行いました。
第1回:イライラ棒に挑戦!身近なもので電気工作
第2回:解ければすごい!パズル「ハノイの搭」のおもちゃでプログラミングを学ぼう!
第3回:オリジナル缶バッジを作ろう!
 参加者からは、「イライラ棒を作るのは難しかったけれど、お兄さんが優しく教えてくれた。少しだけ電気のしくみが解かった。」「ハノイの搭の枚数が多くなると解くのが意外に大変だったけれど、先生の説明が分かり易かった。」「自分で描いた絵の缶バッジが作れて楽しかった。また作ってみたい。」との感想が寄せられました。

  • 「ささぐりわくわくチャレンジ塾(後期)」を開催しました
  • 「ささぐりわくわくチャレンジ塾(後期)」を開催しました
  • 「ささぐりわくわくチャレンジ塾(後期)」を開催しました

ページの先頭へ