地域交流 地域連携・社会貢献

地域交流トピックス

「立位訓練ロボット実証試験」に古賀市民の方が協力されました

 九州産業大学ヒューマン・ロボティクス研究センターでは、近年高齢者に多い「頚髄損傷」等で通院されている患者様が、在宅でも歩行機能回復・維持を 図れるよう「在宅用歩行訓練ロボット」を開発しています。
 ついては、その製品化に向け、健常高齢者による装置訓練の負荷レベルを検証して、高齢者の患者様に好適かどうか基礎データを取得するために、平成26年12月5日(金)に本学ヒューマン・ロボティクス研究センターで「立位訓練ロボット実証試験」を行いました。
 今年7月に「古賀市と九州産業大学・九州造形短期大学との包括連携協定」を締結しており、5名の被験者の内、古賀市民の方4名が協力されました。
ご協力ありがとうございました。

  • 立位訓練ロボット実証試験
  • 立位訓練ロボット実証試験

ページの先頭へ