MENU

編入学試験

推薦編入学試験

※下記表を指で左右にフリック、ピンチで拡大しご覧ください。
学部・学科(コース) 募集人員(人) 願書受付期間 試験日 合格発表日
国際文化学部 国際文化学科 11 平成28年
11月 1 日(火)〜11月 5 日(土)
平成28年
11月 20日(日)
平成28年
12月 2 日(金)
日本文化学科 9
臨床心理学科 4
経済学部 昼間主コース・夜間主コース 若干名
商学部第一部 商学科 若干名
観光産業学科 15〈注〉
商学部第二部 若干名
経営学部 若干名
情報科学部 若干名
工学部 若干名
芸術学部 若干名
国際文化学部(国際文化学科、日本文化学科)および商学部第一部(観光産業学科)の募集人員には、指定校制推薦編入学試験の募集人員を含む。(募集要項は別に定める)
〈注〉一般編入学試験と合わせて15名。

出願資格

(1) 出身学校の学長または学校長が学業成績・人物ともに優秀と認めて推薦する者(経済学部は不要)
(2) 合格した場合、必ず入学する者
(3) 次の@からEのいずれかに該当する者
@ 大学卒業者、または大学の2年次以上の修了(見込み)者で62単位以上修得(見込み)者
A 短期大学卒業(見込み)者
B 高等専門学校卒業(見込み)者
C 外国において、学校教育における14年以上(日本における通常の課程による学校教育の期間を含む)の課程を修了した(または修了見込みの)者で、本学において前項@〜Bに準ずると認められた者
D 学校教育法施行規則附則第7条に該当する者
E 学校教育法第132条に規定する大学編入学資格を有する者。(専修学校の専門課程のうち、文部科学大臣の定める基準を満たすものを修了した(または修了見込みの)者。ただし、学校教育法第90条第1項に規定する大学入学資格を有する者に限る)
なお、日本語を母語としない者は、財団法人日本国際教育支援協会『日本語能力試験N1レベル(または1級)』を合格した者、または、独立行政法人日本学生支援機構実施の「平成27年度日本留学試験」の「日本語」250点以上取得した者に限る。また、Eに該当する者および九州産業大学を卒業した者は、出願前に九州産業大学入試課(092-673-5550)まで問い合わせしてください。

既修得単位の読み替えと編入年次

(1) 既修得単位の読み替えは当該学部の基準により行い、読み替え後の単位は、卒業に要する修得単位として認定されます。
(2) 編入年次は原則として3年次とします。ただし、国際文化学部および経済学部は、出身学校で修得した科目(単位)の性格により、2年次編入を指示することがあります。

※出身学校で修得した科目(単位)についての詳細は募集要項で確認してください。

選考方法

学 部(コース) 選 考 方 法
国際文化学部 書類審査、面接(50点)、小論文(60分/100点)
※自己アピール文(「入学後の抱負」について800字以内)を出願時に提出すること。
経済学部 昼間主コース
夜間主コース
書類審査、面接(50点)、小論文(60分/100点)
※自己アピール文(「入学後の抱負」について800字以内)を出願時に提出すること。
商学部第一部 書類審査、面接(50点)
※自己アピール文(「入学後の抱負」について800字以内)を出願時に提出すること。
商学部第二部
経営学部
情報科学部 書類審査、面接(専門分野の口頭試問を含む。50点)
※自己アピール文(「入学後の抱負」について800字以内)を出願時に提出すること。
工学部
芸術学部 書類審査、面接(50点)、面接時に自作作品2点(形式自由)を持参し、プレゼンテーションを行うこと。

試験場

九州産業大学においてのみ実施する。

入学検定料

27,000円 ※詳細については、入試課に問い合わせること。

  • 芸術学部 作品例と評価のポイント
  • 奨学制度
  • ライフスタイル
  • 施設・設備
  • ロケーション
  • 資格取得
  • 就職状況
  • 留学・国際交流
  • facebook
  • 九州産業大学
  • KSUZ
  • 九州地区私立大学入試 広報連絡協議会
  • 大学入試センター試験 過去問題集
Copyright © Kyushu Sangyo University Entrance Examination Division