• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • JR九産大前駅でラグビーワールドカップをPRしました

JR九産大前駅でラグビーワールドカップをPRしました
2018年3月13日

 

 2019年に日本で開催される「ラグビーワールドカップ」を前に、九産大女子ラグビー部5人が、3月9日(金)、JR九産大前駅でPRを行いました。

 

 福岡で開催される予選3試合の福岡県民向け観戦チケット先行抽選販売が3月19日(月)から始まることにちなんだイベントで、PRチラシを駅を利用する人に配布し、チケット購入を呼び掛けました。

 

 参加した与座杏梨さん(商学部観光産業学科3年・中部農林高校)は、「4年に1回の世界大会に少しでも関わることができて、とてもうれしいです。福岡のほか熊本や大分でも試合が行われるので、ぜひ観に行って、世界の一流選手のプレーを肌で感じてみたいと思います」と話しました。

 

 同委員会総務課長の月守英知氏は、「今回、九産大女子ラグビー部の協力を得て、このPR活動を行いました。ワールドカップ成功に向けて、一体となって地域を盛り上げていければ」と語りました。

【学生部】

ページの先頭へ