• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • 写真甲子園(九州・沖縄ブロック)公開審査会開催

写真甲子園(九州・沖縄ブロック)公開審査会開催
2017年6月14日

 

 6月10日(土)、九産大で第24回全国高等学校写真選手権大会(写真甲子園2017)出場を賭けた九州・沖縄ブロックの公開審査会が行われました。

 

 北海道東川町が毎年開催しているこの大会は、全国のブロック予選を通過した代表18校が、7月に東川町に集い、そこで撮影した作品によって優勝を争うものです。

 

 公開審査会には、九州・沖縄ブロックの53校から初戦審査を通過した10校が参加、久留米市立久留米商業高校と沖縄県立浦添工業高校の2校がブロック代表に選ばれました。

 

 写真家で代表審査委員の長倉洋海氏は「どの高校も大きな実力差はありませんでしたが、選ばれた2校は、面白さや構成力、スケール感、チームワークの良さを感じました」と講評しました。

 

【本選大会に出場する浦添工業高校3名(写真左)と久留米商業高校3名(写真右)】

ページの先頭へ