DEPARTMENT

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける?
メイン画像

地域ブランド企画専攻

ブランドづくり、まちづくり。
デザインの力で地域活性化を促す。

地域ブランド企画専攻では、地場産業と連携した地域経済の活性化に貢献するために、ものづくりに関する技術と芸術的感性はもちろん、地域文化に関する社会学的理解のもと、ビジネスマネジメントの能力を備え、地域連携の核となってブランド構築に携わることができる人材を養成します。少子高齢化などにより地域社会は産業、文化、生活の面で多種多様な課題が出てきています。日常では気づかない課題も多くなっています。将来の地域社会の発展のためにデザインの持つ力(表現力、創造力、統合力)で社会や地域、生活の課題解決とブランドづくりを提案していきます。

学びのキーワード

地域振興プロモーション / イベント企画プロデュース / 商品開発・パッケージまちづくり / 
デザインマネジメント / アートマネジメント

コア科目

地域ブランド企画演習Ⅰ

生活・社会におけるさまざまな課題を機能、形状、道具、環境等の側面から問題の抽出を行い、課題を具体的に解決する方法の企画・提案を行う授業です。その具体的課題のプロセスを通して、デザインが果たす役割や解決のために必要となる知識や解決方法、企画立案手法について実践的に学びます。

ブランドデザイン論

ブランド構築の基本的なあり方や各業界におけるグローバル企業のブランドについて、具体的なブランド思想、歴史、商品戦略、デザイン戦略、コミュニケーション戦略、デザインマネジメントなどの視点から、企業のブランド作りにおけるデザインの役割やデザイン要素について学びます。

取得資格

中学校教諭1種(美術) / 高等学校教諭1種(美術・工芸) / 司書 / 学芸員 / 
社会教育主事 など

将来の進路

デザインプランナー / 地域産業の商品開発 / 企業や文化行政のプランナー・編集者 / 
美術館のキュレーター / 企業・各種団体の企画・総合職 など

学生

ターゲットや時代背景をベースにデザインすることで
地域の魅力を発掘したい!

  • 本村 日菜 Hina Motomura3年生
  • 中村学園高校(福岡市)出身

浮世絵をはじめ、日本ならではの伝統工芸に興味をもっています。最近は、地方のまちを活気づける動きも活発。デザインの大学で学ぶなら、そうしたことに関われるデザインに挑戦したいと地域ブランド企画専攻を選びました。入学して感じているのは、この専攻ではただデザインするだけでなく、一歩深く「考える」ことが重要視されていることです。対象やターゲットを調べたり、時代背景などを知ったりすることを、デザイン発想のカギにしています。アルバイトでは、百貨店で物販の仕事をしています。博多の伝統工芸「博多人形」には最近かわいいものが増えていて、外国人には人気ですが、なかなか日本の若い人に知られている感じがしません。そうしたことも、デザインで解決できるのではと思っています。将来は、地域ブランドを発掘する視点で、和菓子のパッケージなどに関わりたいと願っています。

学生

デザインのコンセプトを練る楽しさを日々の課題を通して学び中!

  • 吉田 茉央 Mao Yoshida
    3年生
  • 明治学園高校(北九州市)出身

これからの時代に、役立つデザインを学びたいと地域ブランド企画専攻を選択しました。例えば、福岡の「大博通りにトイレをつくる」デザイン提案など、面白い課題に取り組んでいます。アイデアを考えるスタートは、現地調査です。実際に歩いてみると、マリンメッセや国際センターなど、ライブ会場が多い通りでもあることを発見。そこから私のアイデアでは、出かける前に身だしなみを整えられるようなトイレを提案しました。デザインにはコンセプトが肝心。そのためには、現地調査を通して課題や解決策をみつける。そんなプロセスでデザインを考えるのは、とても楽しいです。授業では、プレゼンテーションをする機会が多いのですが、より伝わるものにするためにCGなどの技術アップも図りたいと思っています。やりたいことがはっきりしてない人も、興味深い課題を通して自分のやりたい道がみつかると思います。