DEPARTMENT学科・専攻の紹介

キミはどの学科・専攻で芸の術を身につける? 新生「芸術学部」2016年始動。

独創的な造形力や審美力を養い、
伝統的かつ先端的な表現手段を複合的に学ぶ。

芸術表現学科では、芸術に関する基礎力を十分に身につけた後、各専攻の専門領域を学修します。多様な専門知識と技術・技法を学び、現代の社会や文化、芸術に対応した芸術表現を修得します。新しい絵画表現と立体造形表現を模索し、現代アートなどを提案する作家を育成します。さらにメディアアート、マンガ、ゲーム等、広く多彩な先端芸術を担う人材を養成します。

学科を代表する科目

絵画Ⅰ

洋画クラスと日本画クラスに分かれ技法や材料を研究し、多様な表現法を学びます。美術作品を幅広く鑑賞し感性を磨き、豊かな創造性と鑑賞能力を修得します。

キャラクターオブジェ実習

原型制作から型とり、製品制作、着色まで行います。キャラクターオブジェはいろいろなものを擬人化して表現します。原型制作の素材は塑造粘土や発泡スチロール、木材などテーマに沿って使用します。

アニメーション設計制作実習

ハンドドローイング(手描き)やデジタルペイント、3DCG、ストップモーションなどの表現を用いて独自のアニメーション短編作品を制作します。魅力的な物語を考え、アート作品として世界に通じる映像作品を目指します。

© 2016 KYUSHU SANGYO UNIVERCITY - FACULITY OF ART AND DESIGN -