PROFESSORS

キミの芸の術をコーディネートする、頼れる教員たち。

「写真表現-素敵だなと思う一瞬の光景」

写真・映像メディア学科 写真専攻

ハービー・山口HERBIE YAMAGUCHI

担当科目

写真表現論

プロフィール

1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入る。大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。 一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。多くの作品をモノクロームの、スナップ・ポートレイトというスタイルで残している。 その優しく清楚な作風を好むファンは多く、「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」というテーマは、中学時代から現在に至るまでぶれることなく現在も進行中である。写真発表の傍ら、エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティー、さらには布袋寅泰のプロジェクト「ギタリズム」では作詞家として参加している。 
審査員:CAPA デジタルカメラマガジン アサヒカメラ
選考委員:上野彦馬賞
受賞歴:2011年度日本写真協会賞作家賞

授業について

「写真表現論」では、写真を教えることはもちろん、自分を晒しながらの「生き方」を教えたいと思っています。今、夢がない人や無感動な人が多いと思いますが、それは勿体ない。自分が大学生だったらどんなことを知りたかったのだろう、何が必要だったのだろう、と問いかけながら話をしたいと思います。 写真のテクニックは専門の先生がされます。僕の授業ではテストはありません。 いかに自分の信じた事をやりとおすかということを伝えていきたいと思ってい ます。 僕は幼少期に大きな病気にかかって、子供ながらに、弱者に対する厳しい目を感じていました。僕が一番欲しかったものは、おやつでもおもちゃでもなく、 人の優しい眼差しだったのです。中学で写真に出会いましたが、それを写真に込めようと思いました。僕は孤独と絶望を抱えていた少年でしたが、何十年も写真を続けることができています。自分が救われるために始めた写真だったけど、今は人の役に立ったり、誰かを救うことができているような気がします。 大学に入って自分の可能性の糸口を見つけられたら、それをより深くすることが個々の人生で必要です。そういう人生のきっかけづくりのために一緒に有意義な時間を過ごしましょう。

九芸を目指す高校生の皆さんへ

人生において、「この旅をしてよかった」「この人に逢えて良かった」…というような、出逢いの一つになれたらと思っています。