PROFESSORS

キミの芸の術をコーディネートする、頼れる教員たち。

美人画・仏画における鶴田一郎様式の確立

ビジュアルデザイン学科 イラストレーションデザイン専攻

鶴田 一郎TSURUTA ICHIRO

担当科目

ビジュアルデザイン特別演習

プロフィール

1954

熊本県天草市(旧本渡市)生まれ

1976

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業

1987

ノエビア化粧品の広告に11年間使用される(〜1997年)

1991

東芝「ジャズを聞きたくて」シリーズのCDジャケットに使用される

1996

産経新聞主催原画巡回展を各地で開催

2001

パリにて個展(Drouot Montaigneにて)

2005

ニューヨークアートエキスポに出展

2006

上海アートフェアに出展
仏画・琳派を描きはじめる

2014

活動拠点を京都に移し、自身のギャラリー「ICHIRO TSURUTA GALLERY」をオープンする
研究の取り組みについて

画家として、絵を描くことだけを生業としている人は、実はとても少ないのが現状です。そうした中で、私自身がどんな風に考え、どう夢を追ってきたかをお伝えしています。また、パソコンという道具がない時代から絵を描き続けてきて、デッサン力や表現力をどう磨いてきたのか、手描きの魅力を重点的に教えています。

九芸を目指す高校生の皆さんへ
自分だけのオリジナリティをみつけることは、とても難しいことです。しかし、力をつけるためには、そのオリジナリティこそが一番大切。そのために、ぜひ、絵をたくさん描き続けて欲しい。それから、こぢんまりとまとまることなく、ぜひ、大いに挑戦して欲しい。自分を信じて表現することが、成長するカギになります。
  • What a difference a day makes
  • Beautiful Renaissance Green