PROFESSORS

キミの芸の術をコーディネートする、頼れる教員たち。

メディアを活用した映像表現、面白さの追究

写真・映像メディア学科 映像メディア専攻

佐野 彰SANO AKIRA

担当科目

メディアコンテンツデザイン / メディア基礎実習Ⅰ / メディア映像実習 / アニメーション実習

プロフィール

1998.3

大阪大学大学院人間科学研究科
博士前期課程修了

2009.3

大阪大学大学院人間科学研究科
博士後期課程単位取得満期退学

2012.3

博士(人間科学)大阪大学
著書

2005

Adobe AfterEffects6.5入門 単著 工学社

2007

はじめてのJahshaka 単著 工学社

2009

Adobe AfterEffects CS4入門 単著 工学社

2010

AR入門 身近になった拡張現実 単著 工学社

2013.5.16

AR入門 身近になった拡張現実(改定第2版)単著 工学社

2014.2.28

よくわかるAR〈拡張現実〉入門 共著 亀山悦治 創元社
作品

2010.2~5

Mapping Modernism フィンランド国立デザイン博物館 バウハウス期に活躍したアーティストの関連性を、インタラクティブに表示する機器の設計。テクニカルディレクション・プログラミング・装置設計を担当

2014.5.17~現在

ぽとぽとかいだん 単独 三条防災ステーション

2014.8.27~現在

体験型展示「ゲリラ豪雨って大変」 単独 川の駅はちけんや、北上川学習交流館あいぽーと 等 全国巡回中
佐野彰、メディアラボ331、水の巡回展ネットワーク

2015.7.14~8.20

「シロクマくつや」プロジェクションマッピング 共同 福岡アジア美術館
佐野彰、メディアラボ331、おおでゆかこ

2015

体験型展示「ひかりあめ」 単独 2015年9月26日~2015年11月9日 川の駅はちけんや 佐野彰、メディアラボ331、水の巡回展ネットワーク

201510.25〜現在

プロジェクションアート「新宮の歴史」 単独 そぴあしんぐう
佐野彰、メディアラボ331

2015.11.7〜現在

プロジェクションステージ「上官小学校の歴史」 共同 上官小学校秋祭り2015
佐野彰、メディアラボ331、上官小学校父母教師会

その他

2010年より、学生と「メディアラボ331」という集団を作り、様々な作品制作を行っています。
研究室の取り組み・講義内容

私の研究室では「Something New」をテーマに作品制作を行っています。ただ作品を作るのではなく、その作品が他の人にどのような影響を与えるのか、社会の中でどのような価値を作り出せているのかなど、アーティストとしての自分の役割を意識し、活動しています。

学生へのメッセージ

映像の持つチカラは、年々大きくなっています。インターネットの登場により「知っていること」は重要視されなくなったように思います。それよりも「ソウゾウリョク(想像力・創造力)」が求められているように思います。このような時代には映像表現は大きな力を持つと考えています。一つの映像作品が世界を動かすこともあるのです。
スマホやデジカメなどが普及したことで、映像を制作した経験のある人もたくさんいることでしょう。カメラのスイッチさえ入れれば、誰でも映像を取ることはできます。しかし「伝わる映像」を作ることは容易ではありません。
映像で伝えるためには、ただ単に技術を身につけるだけでは不十分です。表現と真正面に向き合い、自分自身で考え、行動し、感じることも必要です。
まだまだ映像の世界は進化を続けています。毎日がワクワクする映像の世界を、一緒に切り拓いてみませんか?