ENTRANCE

あなたはどの入試で九芸への扉を開きますか?

芸術学部 入試概要

実技試験参考作品

芸術学部 入学金・修学費(単位:円)

入学金 200,000
修学費および
委託徴収金
第1回納付額 ① 第2回納付額 ② 年間納付額
①+②
修学費 委託徴収金 小計 修学費 小計
授業料 教育充実費 授業料 教育充実費
460,000 225,000 18,900 703,900 460,000 225,000 685,000 1,388,900
  • ※1年次の納付金額は、入学金と年間納付額を合計した金額となります。
  • ※納付方法は、分納と全納の2種類あります。[分納は、第1回納付額を本学指定期日までに、第2回納付額を10月中旬までに納付します。/全納は、入学金・修学費・委託徴収金の1年間の納付額を1回で納付します。]
  • ※委託徴収金は、変更される場合があります。なお、委託徴収金の内訳は下記の通りです。
学友会費 本学学生教職員相互の親睦を図り、豊かな人間性を涵養することを目的とした学友会の会費 後援会費 家庭と大学の連絡を緊密にして相互の親和を図り、大学の充実発展を図ることを目的とした後援会の会費 その他 卒業記念事業費、アルバム代、同窓会費、学生教育研究災害保険料、など
2年次納付金額 修学費(授業料・教育充実費)+委託徴収金の年間合計額 1,385,000

〈参考〉教科書・教材費等

教科書代(概算) 1年次 2年次 3年次 4年次
25,000 20,000 10,000 10,000

※教科書等の費用は年度により、多少異なります。

教材費(概算) 20,000~30,000程度

1年次生の実習用品等の教材費です。その他、体育実技用品20,000程度が必要です。

奨学金・学費減免制度

■本学独自の奨学金

名称 条件等 金額
(年間)
種別 採用者数 採用時期
中村産業学園
創立50周年記念
  1. 1年次生は高校の評定平均値3.5以上、2年次生以降はGPA1.8以上が必要
  2. 主たる生計維持者(共働きの場合、収入が多い方)の収入が年額300万円以下
上記①②の条件を満たし、収入の低い順から決定する。
※成績基準を満たすことにより最長4年間継続可能 ※日本学生支援機構奨学金と併用可能 ※フレッシュマンスカラシップ及び学術特待生と重複はできません
36万円 給付
(返済不要)
295人
(1年生80人)
6月
※4月に遡って給付
上野拓記念 1年次生は高校の評定平均値3.5以上、2年次生以降は
各学部GPA上位1/3以上で、収入の低い方から採用
※1年更新、継続制度はなし ※日本学生支援機構奨学金と併用可能 ※フレッシュマンスカラシップ及び学術特待生と重複はできません
24万円 給付
(返済不要)
日本人学生
2人
7月
※4月に遡って給付
外国人留学生
1人
同窓会楠風会 3・4年生を対象に、勉学に頑張っていて社会に貢献できる人材と認められる者で、採用は同窓会楠風会で決定
※1年更新、継続制度はなし ※日本学生支援機構奨学金と併用可能 ※フレッシュマンスカラシップ及び学術特待生と重複はできません
24万円 給付
(返済不要)
日本人学生
35人
7月
※4月に遡って給付
外国人留学生
10人
九州産業大学
(応急貸与)
主たる生計維持者の失職等により修学困難となった学生を対象 60万円以内 貸与
(無利子)
若干名 随時
九州産業大学
外国人留学生
経済的に修学困難と認められる私費外国人留学生(2年次以上の学部生)を対象 36万円 給付 10人 6月

(注)学内奨学金制度については、変更になる場合もあります。

■本学以外の奨学金

名称 種類 金額 採用者数 採用決定時期 予約採用
日本学生
支援機構
貸与

第1種
(無利子返還)

第2種
(有利子返還)
年3.0%上限
●第1種
自宅通学(月額)
30,000円または54,000円
自宅外通学(月額)
30,000円または64,000円

●第2種
(月額)3・5・8・10・
    12万円から選択
●定期採用
1年次生・・・・・240人
2年次生以上・・・ 64人

●緊急・応急採用
全学年・・・0人

■全奨学生数(継続貸与者含む)・・・4,895人
●定期採用
全学年・・・7月

●緊急・応急採用
・・・・・・随時
進学前に予約が可能です。
学校に確認し、募集時期を逃さないように注意してください。
地方公共団体
民間育英団体等
給付
貸与
皆さんの居住地の地方公共団体(県・市・町など)および民間育英団体の奨学金があります。
詳しくは、学生部厚生課または各団体のホームページで確認してください。

※採用者数は、2015年度の実績です。

■本学独自の学費減免(特待生)制度

名称 条件等 種別 減免/給付額 採用者数
フレッシュマン
スカラシップ
  • 一般入試(前期・後期日程)、芸術学部実技入試(前期・後期日程)、大学入試センター試験利用入試(前期・後期日程)の成績上位者を対象
  • AO入試、推薦入試において入学手続が完了した者も、一般入試(前期日程)でチャレンジ可能
一般枠
(最長4年間)
65万円
(文系学部の
授業料相当額)
100人
※入学年度から最長4年間の授業料(合計260万円)を免除
  • 入学試験(編入学試験を除く)の合格者で、本学が指定した資格取得者やコンテスト入賞者を対象
    〈例:本学フォトコンテストの上位入賞者、建築設計競技で3等以内入賞者〉
  • 本学推薦入試のうち、科目基礎テスト、実技基礎テスト、適性試験の成績上位者を対象
特別枠
(1年間)
20人
学術特待生
  • 2年次生以上の在学生を対象に、学業成績が特に優秀な学生を「学術特待生」として選考
  • ※文系学部授業料相当額約60万円を前期・後期の2回に分けて給付
     2015年度は90人採用
60万円 90人

芸術学部 入学金・修学費(単位:円)

入学金

200,000

修学費および委託徴収金
第1回納付額 ①
修学費 委託徴収金 小計
授業料 教育充実費
460,000 225,000 18,900 703,900
第2回納付額 ②
修学費 小計
授業料 教育充実費
460,000 225,000 685,000
年間納付額①+② 1,388,900
  • ※1年次の納付金額は、入学金と年間納付額を合計した金額となります。
  • ※納付方法は、分納と全納の2種類あります。[分納は、第1回納付額を本学指定期日までに、第2回納付額を10月中旬までに納付します。/全納は、入学金・修学費・委託徴収金の1年間の納付額を1回で納付します。]
学友会費 本学学生教職員相互の親睦を図り、豊かな人間性を涵養することを目的とした学友会の会費
後援会費 家庭と大学の連絡を緊密にして相互の親和を図り、大学の充実発展を図ることを目的とした後援会の会費
その他 卒業記念事業費、アルバム代、同窓会費、学生教育研究災害保険料、など
2年次
納付金額
修学費(授業料・教育充実費)+委託徴収金の年間合計額 1,385,000

〈参考〉教科書・教材費等

教科書代(概算)
1年次 2年次 3年次 4年次
25,000 20,000 10,000 10,000

※教科書等の費用は年度により、多少異なります。

教材費(概算) 20,000~30,000程度

1年次生の実習用品等の教材費です。その他、体育実技用品20,000円程度が必要です。

奨学金・学費減免制度

本学独自の奨学金
中村産業学園創立50周年記念
条件等
  1. 1年次生は高校の評定平均値3.5以上、2年次生以降はGPA1.8以上が必要
  2. 主たる生計維持者(共働きの場合、収入が多い方)の収入が年額300万円以下
上記①②の条件を満たし、収入の低い順から決定する。
※成績基準を満たすことにより最長4年間継続可能
※日本学生支援機構奨学金と併用可能
※フレッシュマンスカラシップ及び学術特待生と重複はできません
金額(年間)
36万円
種別
給付(返済不要)
採用者数
295人(1年生80人)
採用時期
6月※4月に遡って給付
上野拓記念
条件等
1年次生は高校の評定平均値3.5以上、2年次生以降は各学部GPA上位1/3以上で、収入の低い方から採用
※1年更新、継続制度はなし
※日本学生支援機構奨学金と併用可能
※フレッシュマンスカラシップ及び学術特待生と重複はできません
金額(年間)
24万円
種別
給付(返済不要)
採用者数
日本人学生2人 / 外国人留学生1人
採用時期
7月※4月に遡って給付
同窓会楠風会
条件等
3・4年生を対象に、勉学に頑張っていて社会に貢献できる人材と認められる者で、採用は同窓会楠風会で決定
※1年更新、継続制度はなし
※日本学生支援機構奨学金と併用可能
※フレッシュマンスカラシップ及び学術特待生と重複はできません
金額(年間)
24万円
種別
給付(返済不要)
採用者数
日本人学生35人 / 外国人留学生10人
採用時期
7月※4月に遡って給付
九州産業大学(応急貸与)
条件等
主たる生計維持者の失職等により修学困難となった学生を対象
金額(年間)
60万円以内
種別
貸与(無利子)
採用者数
若干名
採用時期
随時
九州産業大学外国人留学生
条件等
経済的に修学困難と認められる私費外国人留学生(2年次以上の学部生)を対象
金額(年間)
36万円
種別
給付
採用者数
10人
採用時期
6月

(注)学内奨学金制度については、変更になる場合もあります。

奨学金・学費減免制度

本学以外の奨学金
日本学生支援機構
種類
貸与 / 第1種(無利子返還) / 第2種(有利子返還)年3.0%上限
金額
●第1種
自宅通学(月額)
30,000円または54,000円
自宅外通学(月額)
30,000円または64,000円

●第2種
(月額)3・5・8・10・12万円から選択
採用者数
●定期採用
1年次生・・240人
2年次生以上・・64人

●緊急・応急採用
全学年・・0人

■全奨学生数(継続貸与者含む)・・4,895人
採用決定時期
●定期採用
全学年・・7月

●緊急・応急
採用・・随時
予約採用
進学前に予約が可能です。学校に確認し、募集時期を逃さないように注意してください。
日地方公共団体 民間育英団体等
種類
給付 / 貸与
詳細
皆さんの居住地の地方公共団体(県・市・町など)および民間育英団体の奨学金があります。詳しくは、学生部厚生課または各団体のホームページで確認してください。

※採用者数は、2015年度の実績です。

本学独自の学費減免(特待生)制度
フレッシュマンスカラシップ①
条件等
  • 一般入試(前期・後期日程)、芸術学部実技入試(前期・後期日程)、大学入試センター試験利用入試(前期・後期日程)の成績上位者を対象
  • AO入試、推薦入試において入学手続が完了した者も、一般入試(前期日程)でチャレンジ可能
※入学年度から最長4年間の授業料(合計260万円)を免除
種別
一般枠(最長4年間)
減免/給付額
65万円(文系学部の授業料相当額)
採用人数
100人
フレッシュマンスカラシップ②
条件等
  • 入学試験(編入学試験を除く)の合格者で、本学が指定した資格取得者やコンテスト入賞者を対象〈例:本学フォトコンテストの上位入賞者、建築設計競技で3等以内入賞者〉
  • 本学推薦入試のうち、科目基礎テスト、実技基礎テスト、適性試験の成績上位者を対象
種別
特別枠(1年間)
減免/給付額
65万円(文系学部の授業料相当額)
採用人数
20人
学術特待生
条件等
  • 2年次生以上の在学生を対象に、学業成績が特に優秀な学生を「学術特待生」として選考
※文系学部授業料相当額約60万円を前期・後期の2回に分けて給付
2015年度は90人採用
種別
減免/給付額
60万円
採用人数
90人