学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

福岡市旧東部市場のものづくり館(ファブラボ)へのコンバージョン

工学部×福岡市農林水産局

プロジェクト概要

このプロジェクトは、工学部住居・インテリア設計学科4年生・迫田和樹さんが卒業設計課題として取り組みました。作品は九州産業大学に隣接する旧東部市場に、大学生と地域住民のコミュニケーションを、ものづくりを通して形成していく施設・ファブラボへのコンバージョンを提案したものです。ファブラボとはデジタルエ作機械を備えた実験的な市民工房のことです。取り組んだ迫田さんの成果は、建築仕上げ、リフォームおよびリノベーションに関連する卒業設計において優れた成績を修め、萌芽的で将来性が認められた個人に授与される日本建築仕上学会卒業設計奨励賞を受賞しました。

期待できる学生のスキルアップ
  • 学生が考えたこと・作ったもので地域社会の役に立つことを学生自身が実感できる研究。
  • 図面や模型で終わらない実体ある成果と社会的評価が伴う住居・インテリア学修。

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ