学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

鳥井畑活性化PROJECT~古民家を活かしたまちおこし提案~

工学部×(公社)福岡県建築士会

プロジェクト概要

このプロジェクトは、工学部住居・インテリア設計学科4年生・江本卓生さんと岡村信一郎さんが、福岡県建築士会の研究助成を得た卒業設計課題として取り組みました。作品は福岡県豊前市鳥井畑地区の古民家を山村留学のドミトリーとして利活用し、これを拠点に同地区のまちおこしを図る提案でした。A1サイズ16枚にもおよぶ詳細な実測現況図とこれを下敷きにした改修計画図、そして縮尺10分の1の精密でありながら温かみを感じる古民家の大型模型は圧倒的な存在感を示して当年度の卒業設計で学科首席となり、併せて日本建築学会九州支部長賞と福岡県建築士会賞を受賞しました。

期待できる学生のスキルアップ
  • 学生が考えたこと・作ったもので地域社会の役に立つことを学生自身が実感できる研究。
  • 図面や模型で終わらない実体ある成果と社会的評価が伴う住居・インテリア学修。

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ