KSUプロジェクト型教育 | 九州産業大学

学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

博多高等学園青年学級ワークショップ

九州産業大学美術館×芸術学部×福岡市立特別支援学校博多高等学園

プロジェクト概要

博多高等学園では軽度の知的障がいを持つ卒業生(本学参加学生と同年代)を対象として、月に一回、スポーツ教室、映画鑑賞、バスハイクなどを行う青年学級が開級されています。平成19年度から九州産業大学も協力し、同年代の大学生との交流を通じて社会性を育成することを目的として、芸術教室を実施しています。

今年度はスノードームを制作しました。学級生は6班に分かれ、各班に大学生が2名ずつ入りました。制作だけではなく、展覧会見学やお茶会も企画しました。お茶会では制作したスノードームを眺めながら、学級生と大学生は制作したスノードームのことや近況について話しました。

期待できる学生のスキルアップ
  • 思いやる力
  • 伝える力
  • 問題解決力

担当:緒方泉 西嶋昭二郎

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ