学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

あかりのキューブ(世界にひとつしかない照明のデザイン)

工学部×福岡県志免町教育委員会

プロジェクト概要

このプロジェクトは、工学部住居・インテリア設計学科3年生の許山若奈さん・江川詩乃さん・河村大樹さん・高田祥平さん・友末佑太さんが取り組んだ、「CASE STUDY~立方体の箱の構成による展示装置の研究~」の成果物を援用したものです。福岡県糟屋郡志免町教育委員会主催の春のジュニア大学講座で、参加した小学生とともに箱の内部にLEDを配置しあかりのキューブを作りました。箱の表面が光って見えますが、実は箱の内部のあかりで側面を照らしています。光源・対照物・遮蔽物など、ライティングの基礎を体験的に理解できるワークショップとして好評を博しました。

期待できる学生のスキルアップ
  • 学生が考えたこと・作ったもので地域社会の役に立つことを学生自身が実感できる研究。
  • 図面や模型で終わらない実体ある成果と社会的評価が伴う住居・インテリア学修。

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ