学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

博多帯コーディネートシミュレーション装置の開発

芸術学部×西村織物㈱

プロジェクト概要

福岡の伝統的工芸品である博多織を、映像コンテンツによって幅広い世代にPRすることを目的としたプロジェクトです。平成28年度は、プロジェクションマッピングの手法を応用し、帯と着物のコーディネートを簡単なボタン操作でシミュレーションできる装置を制作しました。この装置は、映像、デザイン、彫刻を専攻する学生それぞれの専門性を結びつけることにより実現しました。多様な専門分野を有する芸術学部ならではの地域振興の可能性を模索したプロジェクトです。

期待できる学生のスキルアップ
  • 実践的な活動を通して学ぶ「問題解決力」
  • グループ制作で身につける「チームワーク力」
  • 専門分野における「技術力」

担当:佐藤慈 青木幹太 井上友子 佐藤佳代 荒巻大樹 星野浩司

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ