学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

 つみきのあかり、ちょっぴりガラス。 ~世界にひとつしかない照明のデザイン~

 工学部×cross fm×福岡市文化芸術振興財団

プロジェクト概要
工学部住居・インテリア設計学科の木村友香さんが、cross fm 北九州スタジオで、ワークショップ「つみきのあかり、ちょっぴりガラス」を実践・実演しました。小学生から大人までの参加者は、色が付いたLEDの周りに積み木をつんで、思い思いの形をデザイン。あかりを灯すと積み木の隙間から柔らかい光が放たれ、世界にひとつしかない照明を作ることができました。参加者からは、「とても面白い取り組みでした。童心に帰って夢中になりました。」などの感想が聞かれました。木村さんは福岡市民芸術祭一般プログラムにも採択されたこのテーマで、卒業研究に取り組みます。
期待できる学生のスキルアップ
図面や模型で終わらない住居・インテリア学修。学生が考えたこと・作ったもので、地域社会の役に立つことを、学生自身が実感できる教育実践(ものづくり・ひとづくり)。cross fm グリーンライフ講座実践・実演。福岡市民芸術祭一般プログラム採択。

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ