学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

 Noman-Shop PROJECT(農産地のストリートファニチュアとしての無人販売所)営業篇

 工学部×古賀市役所×粕屋農業協同組合

プロジェクト概要
「Noman-Shop PROJECT~農産地のストリートファニチュアとしての無人販売所~」は、工学部住居・インテリア設計学科の学生が取り組み、福岡市ビジネスチャレンジ事業最優秀賞などを受賞した活動です。モダンで機能的な新しいスタイルの無人販売所を設計・製作して出店を目指すもので、作品の受注を目指した営業活動を、古賀市と九州産業大学の包括的連携協定事業として粕屋農業協同組合・JA粕屋北部プラザで実施しました。農家の方からは、「盗難を想定して、一度に多くの野菜や果物を置かない工夫がほしい。」などの作品づくりに有効な要望が寄せられました。
期待できる学生のスキルアップ
図面や模型で終わらない住居・インテリア学修。学生が考えたこと・作ったもので、地域社会の役に立つことを、学生自身が実感できる社会貢献(まちづくり・ものづくり)。福岡市ビジネスチャレンジ事業最優秀賞。古賀市と九州産業大学との包括的連携協定事業。
担当:諫見泰彦

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ