学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

 学生ブランドによるマンションリノベーション ACT6/7

 工学部×㈱三好不動産

プロジェクト概要
諫見研究室は三好不動産と連携して、産学連携活動「学生ブランドによるマンションリノベーションの設計と工事監理」を実施しています。福岡市でも不動産の賃貸市場は供給過剰に陥っており、空室を埋めるためにどう対策を講じるかが課題となっていますが、リノベーションにより付加価値をつけてブランド化(競合企業との差別化を明確にすること)を図ることが効果的であると考えられています。単身者向けのマンションが多い福岡市では若い世代の入居率が高く、その世代が共感するリノベーションを希求すれば、学生デザイナーの起用、すなわち「学生ブランド」という発想に至ります。
期待できる学生のスキルアップ
考えたこと、作ったもので、地域社会の役に立つ研究活動と教育実践(いえづくり・ことおこし)。三好不動産スマイルデザインプロジェクト連携、日本インテリア学会卒業作品展・巡回展推薦出展、福岡県建築士会まちづくり・地域貢献活動事業採択。

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ