学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

「小さな家を1/1で建てる(SMALL URBAN DEVICE)」

 工学部×日本建築学会建築文化事業委員会(全銀座会)

プロジェクト概要
本プロジェクトにおいて、「小さな家」とは小規模建築のことを意図しており、用途は住宅に限りません。課題を小規模建築とすることにより、学生でも主体的に設計活動を行うことができます。成果としての「小さな家」は公共空間に常設か仮設状態で建て、市民の利用を通して評価を受けています。
プロジェクトの特徴や効果
住居・インテリア設計学科は、住宅やインテリア分野の専門家の育成を目標としています。このプロジェクトは設計志向のみならず、非設計志向(施工管理職・技術営業職志望)の学生にもよい経験になっています。
学生・地域の反応
最新の成果は、銀座通りで開催される「銀茶会」で使用される創作茶席「一坪の茶室」です。科目「卒業設計」でこのプロジェクトに取り組んだ学生は、「実際にものづくりをする中で多くのことを学べています。」と述べ、卒業後は建設会社の施工管理職に就きました。
特記事項・備考
日本学術振興会 科学研究費研究成果社会還元・普及事業 採択/ 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金体験活動助成事業 採択
日本建築学会 建築文化週間学生ワークショップ 学生グランプリ・審査員賞 受賞(一坪の茶室)
担当:諫見泰彦

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ