写真映像学科

写真映像学科

写真映像学科とは

写真映像学科

本学科では、創立以来、感性・感覚教育を基本に、撮影技術と処理技術の教育に力を注いでいます。また、時代の動きに即応したカリキュラムを編成。幅広い分野で活躍できる実践的アーティストを育成しています。
さらに「写真表現コース」「映像メディアコース」の2つのコースを有する専門性の高いカリキュラムが大きな特長です。
経験豊富で、独自の感性を持つ情熱あふれる教員の指導のもと、さまざまな撮影現場で活躍できる写真や映像のスペシャリストを育成しています。

写真映像学科で学ぶ理由

時代のニーズに応える2コース

2年次で広告写真や報道写真など印刷出版の応用写真分野を見据えた「写真表現コース」か、映像や写真、アニメーション、音楽作品などマルチなデジタル映像表現技術を身につける「映像メディアコース」を選択。写真表現コースでは、社会の実務を模擬経験できる卒業後を視野に入れた授業があります。映像メディアコースでは、バーチャルスタジオなど最先端のシステムや施設を整備。専門性の高いカリキュラムを展開しています。

知識と理論の理解を深める実習

授業は実習形式の授業を重視。実習を通して知識と理論の理解度を高め、実践的技術の確かな修得をめざします。

ゼミナール制で学生の個性を伸ばす

3年次にはゼミナール制を導入。少人数制の教育を通して学生一人ひとりの個性と実力を丁寧に伸ばします。

資格・進路・主な就職先(参考)

取得可能資格
  • 高等学校教諭一種(情報)
  • 司書
  • 学芸員
  • 社会教育主事 など
めざす職種

卒業生は写真や映像を通した表現に関する高いスキルと感性を持っています。活躍の場は作家活動、テレビ局や新聞社・出版社等のマスコミ関係、広告や映像プロダクション、スタジオ、印刷関係など。より深く学びたい学生には、本学大学院の芸術研究科への進学という道もあり、高等学校「情報」の教職免許も取得できます。

業種別就職状況
  • 生活関連サービス・娯楽業(37%)
  • 情報通信業(17%)
  • 卸売・小売業(17%)
  • 専門・技術サービス業(13%)
  • 不動産・物品賃貸業(8%)
  • 医療・福祉業(4%)
  • その他サービス業(4%)
主な就職先
(3ヵ年実績)
(株)フタタ/(株)スタジオリッツ/(有)モリオカフォトスタジオ/大分ダイハツ販売(株)/(株)ラック/(株)スタジオアリス/スタジオサラ/(株)イイノ・メディアプロ/(株)ゼン福岡スタジオ/スタジオプリモ広尾/(株)阿部スタジオ/(株)スタジオエビス/(株)U-video/(株)ティーアンドイー/(株)バフ

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life