学部・大学院

芸術学部

絶対も、正解も、限界もない
芸術の世界。
アートあふれるキャンパスで、
無から有を生み出す芸術力を伸ばす。

芸術学部が求める学生像

好きこそものの上手なれ、という諺があるように、美術やデザインや写真が「好きであること」「興味があること」が何より重要です。
高校で美術の授業を選択しなかった人も、携帯以外にカメラに触ったことがなくても、好きなことなら努力できるし、努力に比例して上達します。人の動きやモノの観察することが好きなら、ますます有望。
観察が気づきを生み、オリジナルの表現につながる。その手ごたえと面白さを、一緒に追求しましょう。

芸術学部の学びの特長

本学部が追究するのは自己満足の表現ではなく、社会に役立つアートと、生
活を彩るデザイン。
美術・デザイン・写真の三位一体のプロジェクトや他学部・企業とのコラボレーションを通じて、社会とつながる芸術の力を分厚く鍛えています。また学内美術館に加え、校舎の廊下やトイレまでギャラリーに変える「アートスペース50」を展開中。
創る→すぐ展示→評価を次の制作に活かせる、この理想的な制作環境の中で、ぐんぐん成長できます。

芸術学部が育成する人材像

プロダクトデザイナーやグラフィックデザイナー、フォトスタジオのスタッフ、美術教員など、卒業生の進路は多種多様。
在学中にデザイン事務所を立ち上げた先輩がいるあたりも実力勝負のアートの世界ならでは。また、社会とつながる「モノづくり系アート」や「開発型デザイン」の取り組みを通じて磨いた企画力と提案力は、一般企業でも求められるスキル。企画や営業、マーケティングなど、活躍の場はさまざまな職種に広がっています。

写真/

洋画コース/日本画コース/造形・彫刻コース/
金属工芸コース/陶芸コース/染織工芸コース

1年次に芸術や美学に関する理論や知識を学び、幅広い分野の基礎的技法を修得。その上で2年次に6つのコースから選択し、各コースで個性と表現力を伸ばしながら専門技術を身につけます。

写真/

ビジュアルデザインコース/空間デザインコース/
プロダクトデザインコース

1年次にデザインに関する理論、基本的な表現技法を修得。2年次に「ビジュアル」「空間」「プロダクト」からコースを選択し、専門的な表現方法や技法の研究・研鑽を行います。

写真/

写真表現コース/映像メディアコース

画像・映像表現の基礎やパソコンとソフトウェアについて学んだ後、「写真表現コース」「映像メディアコース」のいずれかで専門知識を深めます。

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life