• HOME >
  • イベント情報 >
  • 芸術研究科学生 故郷・上海をテーマとした個展を開催

芸術研究科学生 故郷・上海をテーマとした個展を開催
2018年4月6日〜2018年4月19日


 九産大大学院芸術研究科博士後期課程3年の張 笑秋さんが、4月6日(金)から19日(木)まで、ソニーイメージングギャラリー銀座(東京都)で、生まれ故郷・上海をテーマとした個展「上海近郊」を開催します。

 

 発展する上海中心部とは違う顔を持つ郊外に焦点を当て、カメラを通して都市と人々の関係を見つめた作品約30点を展示しています。

 

 4月7日(土)には、写真評論家・飯沢耕太郎氏を迎えて、高度経済成長の裏で変化していく人々の生活の様子について語るギャラリートークを行います。 

 

 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください! 

 

※詳しくはコチラ

 

<展覧会>
日 時 : 平成30年4月6日(金)〜19日(木) 11時00分〜19時00分
場 所 : ソニーイメージングギャラリー銀座

      (東京都中央区銀座5−8−1 銀座プレイス6階)
入場料 : 無料

 

<ギャラリートーク>
日 時 : 平成30年4月7日(土) 18時00分〜18時30分
場 所 : 同上
備 考 : 入場無料、事前予約不要


お問い合わせ先 : 張 笑秋  TEL 080-3375-2119

ページの先頭へ