• HOME >
  • イベント情報 >
  • 「学生ブランドによるマンションリノベーション」事例を博多駅前で展示

「学生ブランドによるマンションリノベーション」事例を博多駅前で展示
2015年10月1日〜2015年10月14日



 工学部住居・インテリア設計学科諫見研究室は、学生が実際に行ったマンションリノベーションの事例を、ハカタリノベーションカフェで展示します。

 

 これは株式会社三好不動産との産学連携事業「学生ブランドによるマンションリノベーションの設計と工事監理」の研究成果であり、プロジェクトでは実際のマンションを学生の視点からデザイン・設計し、工事監理まで実務に携わることによって、生きた「いえづくり」を身につけています。

 

 この事業から生み出された作品は、日本建築学会九州支部長賞、日本建築仕上学会卒業研究奨励賞などを受賞し、福岡県建築士会地域貢献活動事業に選ばれるなど高い評価を受けており、今回、博多まちづくり推進協議会の要請を受けて出展することになりました。会場の展示も学生が施工、設営しています。

 

 

 設営に携わった江本卓生さん(福岡工業高校)は、「現在、福岡市東区の香椎みゆき通り商店街で店舗を設計中で、10月から施工に入ります(注)。今回の設営作業で気づいたことを、大いに生かしたい」と、次のプロジェクトを見据えていました。

 

(注)福岡市ビジネスチャレンジ事業に採択されたプロジェクト

 

【展示期間】平成27年10月1日(木)〜14日(水) 11時00分〜21時00分
【会場】ハカタリノベーションカフェ

    福岡市博多区博多駅前3−29−21 貝眞ビル1階)

【入場料】無料

【お問い合わせ先】 TEL 092-673-5781(諫見泰彦准教授 研究室)

 

    

ページの先頭へ