ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです


本文のはじまりです

コンプライアンス委員会規程

第1条 (趣旨)

この規程は、学校法人中村産業学園コンプライアンス推進規程(以下「規程」という。)第6条第2項の規定に基づき、学校法人中村産業学園コンプライアンス委員会(以下「委員会」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

第2条 (任務)

委員会は、次の各号に掲げる事項を行う。

(1)
コンプライアンスの推進及び改善に係る重要な方針の策定に関すること
(2)
コンプライアンスの推進及び改善のための啓発に関すること
(3)
規程第8条第3号の規定による事案の処理に関すること
(4)
コンプライアンスに係る通報事案の再発防止策の策定に関すること
(5)
その他コンプライアンスの推進及び改善に関する重要事項

第3条 (構成)

1.
委員会は、次の各号に掲げる委員をもって構成する。
(1)
総務担当常務理事(コンプライアンス管理責任者)
(2)
常務理事
(3)
九州産業大学長
(4)
九州造形短期大学長
(5)
寄附行為第6条第1項第3号理事のうち九州産業大学の教育職員
(6)
事務局長
(7)
監査室長
(8)
総合企画部長
(9)
総務部長
(10)
人事部長
(11)
九州造形短期大学事務部長
(12)
その他総務担当常務理事が必要と認めた者
2.
前項第12号の委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、委員に欠員が生じた場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

第4条 (委員長)

1.
委員会に委員長を置き、総務担当常務理事をもって充てる。 
2.
委員長は、委員会を招集し、その議長となる。
3.
委員長に事故あるとき又は欠けたときは、あらかじめ委員長が指名した委員が、その職務を代理し、又はその職務を行う。

第5条 (委員会の運営)

1.
委員会は、年2回の定例会のほか、必要に応じその都度開催する。
2.
委員会は、委員の3分の2以上の出席をもって成立する。
3.
委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
4.
委員会が必要と認めたときは、委員以外の者を出席させ、意見又は説明を聴くことができる。
5.
監事は、委員会に陪席することができる。

第6条 (調査委員会)

1.
委員会は、第2条第3号の規定による事案の処理に関し、事実調査等が必要と認めた場合は、学校法人中村産業学園コンプライアンス調査委員会(以下「調査委員会」という。)を置くものとする。
2.
調査委員会は、調査にあたっては、通報者、通報対象者及び関係者に対し必要な資料の提出を求め、説明及び意見を聴くことができる。
3.
調査委員会は、調査結果を委員会に報告しなければならない。
4.
調査委員会に関し必要な事項は、別に定める。

第7条 (事務)

委員会の事務は、総務課が行う。

附 則

この規程は、平成22年3月26日から施行する。

本文のおわりです


  • トップページ
  • 行動規範
  • 推進規程
  • 委員会規程
  • 通報システム
  • 九州産業大学
  • 九州造形短期大学

Copyright 学校法人中村産業学園 All Rights Reserved.