平成29年度の就職・採用活動について(必読)
 
HOME > 1・2年次生へ
就職活動成功のカギは低学年次からの学生生活!

 企業が大学新卒者の採用活動において最も重要視するのは、学生生活をいかに有意義に過ごし、何を身につけてきたかという点です。低学年次(1・2年次)のうちから将来の進路について真剣に考え、目標を持っていろいろなことにチャレンジし、「自分」を磨くことが重要です。
 学業に励み、幅広い知識を身につけることは勿論のこと、サークル活動、ゼミ活動やボランティア活動等に積極的に参加し、違う世代の方々との交流を持ったり、資格取得等にも努めてください。就職活動では、エントリーシートや面接の中で必ず「学生時代に最も力を注いだこと」「今まで目標に向かって努力したこと」などが問われます。学生時代に全力で取り組んだことが何もないようでは就職活動においては不利になることは必至です。
 また、就職試験に必要な書類として成績証明書や卒業見込証明書等がありますが、成績不振により卒業が難しいと判断された学生は書類選考の段階で不利となります。1・2年次のうちにしっかりと単位を修得し、来るべき就職活動に専念できるよう努めてください。
 キャリア支援センターでは、各年次毎に多種多様なキャリア教育・進路支援行事(下記の新着情報や学内掲示を要チェック!)を開催しますので、積極的に参加し、疑問や悩みは何でもセンタースタッフやジュニア・アドバイザーに相談してください。